水を使って時計を拭くのは避けましょう

機械式時計を長く愛用し続けるには、正しい方法で手入れやメンテナンスを行う事が大切になってきます。時計の本体部分であるケースや風防に付着した汚れについては、メガネのレンズを拭く際によく使われる専用のクロスを使うと汚れが落ちやすくきれいになります。尚、手入れをする場合、短時間で汚れを落としたいという考えで水を使って手入れする方もいるようです。しかし、これはムーブメントにサビが付いてしまう要因になるのでおすすめできません。

また腕時計の場合、サビは身に付けている状態で汗をかいても発生しやすいので、使い終わったらすぐに拭き、なるべく乾燥している場所で保管するようにしましょう。一方、風防部分についてはアクリルタイプの場合、細かいキズが発生しやすいので歯磨き粉を使って磨くのが良いと言われています。しかし、ガラス製の風防に歯磨き粉を使用すると反射防止に用いられているコーティングが剥げてしまいますから、避けた方が良いでしょう。

ベルトは素材によって手入れの方法は異なります

機械式時計に使われているベルトを手入れする場合は、素材によって手入れの方法は異なってきます。例えば、金属製のベルトではケース本体からベルトを外し、中性洗剤を使って洗うのが良いでしょう。一方、皮製のベルトは金属製に比べてカビが発生するリスクが高い事から、低い湿度を保つ事が大切になってきます。もし、ベルトの表面部分が乾燥したら専用のクリームなどを使うのが効果的です。また長く使いたいのであれば、毎日同じベルトを使い続けないようにする事も大切と言えます。

グランドセイコーは日本が誇る高級ブランド時計です。日本はもちろん、世界から愛されているブランドです。