ニコチンやタールがゼロ

電子タバコの特徴でよく挙げられるのが、ニコチンやタールを含んでいないことですね。タバコ葉が使われていないためにニコチンがゼロですし、紙やタバコ葉を燃やさない電子タバコではタールも発生しません。ただ、ニコチンに関しては含まれている、あるいは含めることも可能です。海外製品ですとニコチンを含めた電子タバコが販売されていることがあるため、意図せず摂取をしてしまう可能性があります。一方、敢えてニコチン入りのリキッドを使って摂取することも可能で、煙草代わりに使用するユーザーもいるのです。

害が少ないとされている

煙草と比べると、健康への害が少ないと言われているのも特徴です。紙巻タバコの場合は、ニチコンやタール、一酸化炭素などの有害物質が含まれていますが、それらが含まれていない電子タバコは安全性が高いとされています。代替品として禁煙時に使われることが多いですし、喫煙者以外からは趣味用途で用いられることもあるようです。しかしながら、電子タバコの安全性は、まだ明らかになっていない点もありますので注意も必要でしょう。

煙草にはない味を楽しめる

様々な味があるのも電子タバコならではの特徴でしょう。例えばバラエティ豊富なフルーティーな味もあり、まるでジュースやガムを食べているようなフレーバーを楽しむことができます。自分でリキッドを組み合わせて味を作ることも可能ですし、メンソールを入れてスカッとさせるといった吸い方もあるのです。普通の煙草とは異なるこうした楽しさが、電子タバコが人気の理由でもありますね。

電子タバコのvapeにはタールが含まれていないため、部屋の壁などにヤニが付着しないというのがメリットの一つです。